龍谷大学本館

西本願寺大教校講堂 (龍谷大学大宮本館) – 近代建築の黎明期の擬洋風建造物

京都西本願寺の学校(大教校)の講堂として明治12年に建設された。建設にあたって東京遷都で危機感を持っていたと思われる京都の宮大工達によって、建設された近代建築の黎明期の作品である。国の重要文化財にも指定されている。明治天皇も行幸され貴賓室も設けられている。現在は龍谷大学大宮キャンパスの本館として使用されている。

西本願寺大教講堂の側面
西本願寺大教講堂の側面

大教校講堂の擬洋風建造物

西本願寺大教校講堂の建物は宮大工の伝統の木造建造物の上に近代建築と見せるかけるため石材を張り付けている。タイル張りの先駆けとなった非常に珍しい建物で、擬洋風建造物と言われている。寸法も尺寸やインチが併用されている。
また、「キングポスト工法」や「クイーンポスト工法」という当時の最新の外来工法を駆使して建設している。

西本願寺大教講堂2階
西本願寺大教講堂2階

京都の宮大工達の動向

宮大工の中には早くから近代建築を手掛けていた者もいる。京都の宮大工棟梁家の名門「三上家」の三上吉兵衛もその一人でこの大教校建設に携わっていた。その後も三上吉兵衛は同志社の礼拝堂や有終館などを建設している。
それ以外にも岡野傳三郎、鵜飼源三郎、井上新兵衛など後に京都府下大工組合會社を設立して幹部になった宮大工達も携わっていた。それ以後、この会社は平安神宮や京都府庁、東本願寺新築等など近代建築の重要な仕事を手がけるようになっていった。

龍谷大学大宮本館付近の地図

住所:京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1

龍谷大学の校内には本館以外にも南黌、北黌、正門、旧守衛所と5つの重要文化財が残っている。

西本願寺大教校守衛所
西本願寺大教校守衛所