開智学校

開智学校 – 美しい日本最古の擬洋風建築

松本市にある日本最古の小学校の一つであるが、校舎は明治時代初期の美しい洋風となっている。重要文化財に指定されている。

開智学校
開智学校

開智学校について

開智学校の元は松本藩の藩校崇教館に遡る。崇教館は明治維新により松本藩学へ、廃藩置県によって更に筑摩県学と名称を変更してきた。そして明治6年には開智学校として創立された。日本全体でも最も古い小学校の一つで、長野県では最も由緒ある小学校である。
新校舎の建設にあたっては廃仏毀釈運動で廃寺となっていた全久院の跡地が利用された。建設費用は松本市民の寄附等で調達されており、松本市民の教育に対する熱情の高さを知ることができる。校舎は昭和38年まで約90年間に亘って使用された。

開智学校の地図

住 所:長野県松本市開智2−4−12

開智学校の建物について

地元の旧松本藩出入りの棟梁だった立石清重が設計施工し明治9年に完成した木造2階建ての建物である。建物正面に玄関ポーチが突出している。2階の屋根は唐破風である。その上にバルコニー付きの八角形の塔屋が建っている。全体は白壁に蔽われており、窓は色ガラスが使用されている。外観は洋風であるが、建築技法は日本従来のもので、擬洋風建物となっている。
開智学校の建築に当たり、立石清重は上京し、洋風建築を見学して歩き、横浜まで足を延ばしている。そして東京大学の前身である開成学校や東京医学校の建築様式を調査している。また、板ガラス、扉の把手、蝶番 などの金具類はすべて東京で舶来品を購入ている。

開智学校の塔
開智学校の塔

玄関には美しい彫刻を施されている。

開智学校の建築装飾
開智学校の建築装飾

室内も唐戸や洋灯もあり、目立つ場所には高価な輸入品の色ガラスが使われている。

開智学校内部の装飾
開智学校内部の装飾

現在は資料館として活用

現在は資料館として活用されている。信州地方の教育の歩みを知る展示資料などが展示されている。