西本願寺学寮

西本願寺大教校 (龍谷大学北黌) – 宮大工が建設した近代建築

この建物は明治12年西本願寺の大教校(学校)として、京都の宮大工達によって建設された擬洋風建築といわれる建物で、国の重要文化財にも指定されている。

西本願寺や宮大工の西洋化

明治になり廃仏棄釈の運動と西洋化の波に危機感を持った西本願寺は明治9年に従来の学林を西洋の大学制度を取り入れた大教校に改革した。それに伴い新たに明治12年に講堂や寄宿舎などの校舎を建設した。全国に中教校や小教校も設立している。
京都の宮大工達も西洋化の波に遅れないようにと、次々と近代建築を手掛けている。京都の宮大工棟梁家の名門「三上家」の三上吉兵衛もその一人で、その後同志社の礼拝堂や有終館などを建設している。また琵琶湖疎水の建設にも携わり土木分野にまで足を伸ばしている。

建物の構造

建物は京都の宮大工達によって、伝統の木造建築に最新の外来工法を取り入れて建設された近代建築の黎明期の作品である。寄宿舎は西洋の修道院建築を参考に建設された。構造は二階建て木造切妻造。桟瓦葺となっている。
大教校は大正11年に大学令による大学となり、龍谷大学と改称している。この建物は現在は大宮キャンパスの北黌として使用されている。大宮キャンパスには現在も本館、南黌、北黌、正門、旧守衛所と5つの重要文化財があり、近代建築が多く群として残っている貴重な大学となっている。
南黌も殆ど同じ構造である。

龍谷大学南黌
龍谷大学南黌

龍谷大学大宮本館付近の地図

住所:京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1

場所は西本願寺の南側に接するところで、近くには国宝に指定されている西本願寺の唐門がある。

西本願寺の唐門
西本願寺の唐門