石川啄木の新婚の家

石川啄木の新婚の家 – 盛岡市の有形文化財

石川啄木が妻節子と新婚生活を送った家である。何の変哲もない普通の民家であるが、現在となっては何か懐かしく素朴な良さを感じる。盛岡市指定有形文化財(建造物)に指定されている。
啄木は明治38年6月から住み始めたが、わずか3週間で転居している。
家の中は一般に無料開放され、啄木の直筆の書や写真を見ることができる。

石川啄木の新婚の家付近の地図

住所: 岩手県盛岡市中央通三丁目17-18
盛岡駅から徒歩10分程度。大通りから少し小路に入ったところにある。

0 comments on “石川啄木の新婚の家 – 盛岡市の有形文化財Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です