盛岡銀行本店

盛岡銀行本店 (現岩手銀行赤レンガ館) – 辰野金吾の銀行建築

この建物は明治44年に旧盛岡銀行本館として建設されたもので、盛岡で見た中で一番素晴らしい近代建築である。その後、岩手銀行本店本館、中ノ橋支店を経て現在赤レンガ館として保存されている。重要文化財に指定されている。

建物について

設計は辰野金吾と葛西萬司が主宰する辰野・葛西建築設計事務所。施工は地元の大工業者の中沢善太郎である。
建物構造は煉瓦造り2階建て、1部3階建てのルネサンス様式の建物である。外壁は赤煉瓦を主体とし白色の花崗岩をライン状にはめ込んだ典型的な辰野式の建物で、これが非常に印象深いものにしている。コンソールやアーチなどの要所にも白色花崗岩を使っている。建物正面に大きく張り出した六角形の塔があるが、これも辰野式の特徴である。この塔の部分だけが3階となり柱飾りやレリーフで正面性を出している。屋根は銅板葺。ドーム部分のみスレート葺、ドーマー窓で飾っている。

典型的な辰野式の古典的なスタイル。ゴシックと古典主義を折衷したフリークラシックを源泉とする。

岩手銀行赤レンガ館付近の地図

住所:岩手県盛岡市中ノ橋通一丁目2-20

辰野金吾について

辰野金吾は帝国大学工科大学学長、建築学会会長を務めたこともある明治時代の建築界の重鎮である。伊東忠太、長野宇平治など多くの人材を輩出すると共に、自らも設計に携わり、日本銀行本店、日本銀行京都支店、中央停車場(現東京駅丸の内の赤煉瓦駅舎)など重要文化財に指定される建物を多く設計している。この盛岡銀行本店もその一つである。