横浜税関

横浜税関(クイーンの塔)ー港横浜のシンボル

横浜税関は海に向かって羽を広げるように建っている。屋上のドーム型の塔は「クイーンの塔」と言われ、横浜港に入港する船にとって目印となるような塔である。横浜市認定歴史的建造物に指定されている。

建物の構造

建物はロマネスク様式などの西欧建築様式が混在した5階建ての建物で、表面にベージュ色の磁器タイルが貼り付けられている。設計は国会議事堂を設計した大蔵省営繕財務局の技師・吉武東里。竣工は昭和9年である。
屋上にはイスラム寺院を想わせる緑青色のドーム型の塔があるが、この丸い塔が女性的で「クイーンの塔」の名称で親しまれている。

横浜税関クイーンの塔
横浜税関クイーンの塔

横浜三塔について

高さ51メートルの横浜税関の「クイーンの塔」、高さ49メートルの神奈川県庁の「キングの塔」、高さ36メートルの横浜市開港記念会館の「ジャックの塔」は、当時横浜の高層建築物で海上からもよく見えたことから外国船員がトランプのカードに見立てて名付けたもので、横浜三塔と呼ばれいる。現在は高層建築が立ち並び、見え難くなっているが、三塔が同時に見える場所が三ヶ所あり、これを一日で巡ると願いがかなうとの都市伝説がある。これが横浜三塔物語である。

横浜税関建設時のエピソード

大正12年の関東大震災で横浜税関の建物も倒壊した。その後、財政窮乏の続いていたが、当時の大蔵大臣であった高橋是清が「失業者救済のため土木事業を起こすべき…」との発言し、この意向を受けこの建物の建設も計画された。
当初の設計では塔の高さは47メートルであったが、当時の金子税関長が高さ47メートルの神奈川県庁より高くすべきとの意向で設計図が急遽51メートルの高さに変更された。

横浜税関付近の地図

住 所:神奈川県横浜市中区海岸通1-1
東急東横線と直結している地下鉄「みなとみな線」に乗り「日本大通り」で下車、港方面に歩くと直ぐ見えて来る。この道を更に先に進むと「赤レンガ倉庫」がある。