横浜正金銀行正面

横浜正金銀行本店 – 日本の貿易を支えた為替専門銀行

横浜正金銀行( 現神奈川県立歴史博物館)は国立の為替専門銀行で日本の国際化を影から支えた。重厚な建物は明治の建築界の巨匠妻木頼黄が設計したものである。重要文化財に指定されている。

横浜正金銀行の建物について

横浜正金銀行の本店は明治33年着工し、4年の歳月をかけて建造され、明治37年に完成した。建物はネオ・バロック様式の煉瓦・石造りの地上3階建、地下1階の本格的な西洋建築である。
設計者は明治時代を代表する建築家の一人妻木頼黄。現場監督は横浜正金銀行の技師であった遠藤於菟である。
この建物で先ず眼につくのは正面玄関の巨大なドームである。創建当時のドームは関東大震災で起こった火災により鉄骨を残して焼失してしまった。当時は資金もなかったのであろうか簡易的に修復された。
その後、昭和42年に神奈川県立博物館として開設される際にほぼ創建時に近い形状のドームに再設計され復元されている。

横浜正金銀行ドーム
横浜正金銀行ドーム

次に眼につくのは1階から3階まで通ったコリント式の大オーダー(柱)である。建物全体に規則正しく張りめぐらせてあり、銀行建築らしく非常に重厚感のある建物になっている。

横浜正金銀行柱
横浜正金銀行柱

横浜正金銀行本店( 現神奈川県立歴史博物館)付近の地図

住 所:神奈川県横浜市中区南仲通五丁目60番地
メイン通りには面していないので、少し分かり難いところにある。
建物全体の写真を撮りたいのであるが、面している道が四方とも狭く、建物との距離がとれず大変である。広角を使用して何とか収まった。

世界三大為替銀行の一つだった横浜正金銀行

横浜は、安政6年に開港してから外国人の溢れる町に変貌した。当時の日本を支えたものは生糸を初めとする輸出であった。しかし、取引は日本商人と外国商人との間で直接行われていたが、通貨が異なることからいろいろと不便であった。
明治時代になると1円=1ドルと定められているが、交換レイトは安定せず、差価に悩まされていた。
この状況を打破するため正金による決済を専門とする特殊銀行が設立された。それが横浜正金銀行である。横浜正金銀行は国立銀行条例に準拠した国立の銀行であり、明治13年に貿易の中心地であった横浜で開業した。
その後、日本が急激に成長し、列強の仲間に加わって行くのに伴い、横浜正金銀行も外国にも支店が設け日本の貿易を国際金融市場面から支えた。最盛期には、香港上海銀行、チャータード・マーカンタイル銀行と共に外国為替銀行の3大銀行と言われるまで発展していった。
第二次世界大戦後は連合国軍最高司令官総司令部によって解体され、外国為替銀行としての役割は新たに設立された東京銀行に引き継がれた。建物は東京銀行横浜支店として短い期間使われていたが、直ぐに神奈川県に売却され、「神奈川県立歴史博物館」となり現在に至っている。
東京銀行は合併を繰り返し現在は三菱東京UFJ銀行となっている。

横浜正金銀行の側面
横浜正金銀行の側面

妻木頼黄について

妻木頼黄は明治を代表する建築家の一人である。工部大学校造家学科(東大建築学科)に入学し、ジョサイア・コンドルに学んでいる。明治時代の建築界の巨匠である辰野金吾は先輩にあたるが、二人は終生ライバル関係にあった。妻木頼黄は横浜正金銀行本店、辰野金吾は日本銀行本店を設計しており、日本を代表する二つの国立銀行本店の建物がライバル関係にあった二人で建造されていることは興味がある。
妻木頼黄の代表建築としては横浜の観光名所となっている横浜新港埠頭倉庫(現横浜赤レンガ倉庫)があるが、その他にも日本橋や丸三麦酒(株)工場(半田赤レンガ建物)や日本勧業銀行本店等がある。

赤煉瓦倉庫の夜景
赤煉瓦倉庫の夜景