旧弘前市立図書館

旧弘前市立図書館 (現市立郷土文学館) – 二つの塔の図書館

旧弘前市立図書館はルネサンス風の八角形の二つの塔を持った弘前で一番印象に残った近代建築である。弘前の有志により、日露戦争勝利を記念して、建設された図書館であり、弘前の特徴がよく出て面白い。青森県重宝に指定されている。

旧弘前市図書館の建設について

弘前は弘前藩の城下町であり、学問的、経済的に高い水準を保った街である。明治時代になっても、旧陸軍第8師団が弘前で編成されたため経済的に潤った。
特に日露戦争が始まったため、建設工事や物品の納入が急増して、市内の実業家は大きな利益を得た。また、学問の街でありながら図書館がなかったことから、莫大な利益を得た実業家など有志の寄付により建設されたのがこの旧弘前市立図書館である。

旧弘前市立図書館の建物

明治39年に建設された。堀江佐吉が設計。ルネサンス風のデザインを基調とした木造3階建て。左右両端に八角形3階建ての塔。建物全体に窓が多い。さらに正面中央には採光のためのドーマー窓。図書館としての機能にも配慮された設計となっている。

旧弘前市立図書館の地図

住 所:青森県弘前市下白銀町2−1
弘前城前の一番観光地の中心にあり、観光は楽である。現在は市立郷土文学館の施設として郷土の出版物や文芸資料などが展示されている。