日本銀行小樽支店

日本銀行小樽支店 (現金融資料館)-各時代を代表する建築家の共同設計

日本銀行旧小樽支店は、東京駅の設計で有名な辰野金吾とその弟子である長野宇平治と岡田信一郎と、それぞれの時代を代表する建築家の三名が連名で設計した建物である。小樽市指定有形文化財に指定されている。また、日本経済新聞が明治以降の歴史ある遺産から独自の視点で選出した「近代遺産50選」に選ばれている。

日本銀行小樽支店の建物

日本銀行小樽支店は明治42年に着工し、明治45年に完成している。
設計は日本近代様式建築の先駆者で当時日銀の建築顧問であった辰野金吾とその弟子で日本銀行技師だった長野宇平治と岡田信一郎が共同で行っている。当時、辰野は東京駅が建設中であったこともあり、辰野の指導のもと、日銀のベテラン技師である長野が全体のデザインを決め、岡田が図面を作成したといわれている。
辰野の設計ではあるが、赤レンガと白い花崗岩を組合せた辰野式と呼ばれている様式とは少し趣きを異にし、新しい設計技術を取り入れたモダンな建物となっている。
外観はルネッサンス様式を取り入れ、屋根には5つのドーム、外壁はレンガの表面にモルタルを塗り石造り風に屋根は銅葺きで仕上げている。
当時は日本の建築界に米国の最新技術が流入し始めた時期であり、レンガ造りの建築技術に、当時の最新材料であった鉄骨やコンクリートなど次の世代の主役となる技術を取り入れている。屋根の鉄骨は八幡製鉄所の初期製品を、床の鉄骨はイギリスからの輸入のI型鋼を使用している。
外壁は野幌産と大阪産のレンガの表面にモルタルを塗り石造り風に仕上げている。防火構造とするため、屋根と床には石炭殻を混ぜたコンクリートを使用し、窓には防火シャッターを使用している。銀行建築らしく堅牢な建物である。
現在は金融資料館として活用されている。
設計者の一人岡田信一郎は当時、まだ20代の新鋭であったが、以後、明治から昭和にかけて日本の近代建築に多大な功績を残している。岡田が設計した代表的な建築物としては大阪市中央公会堂(重要文化財)、鳩山邸、旧歌舞伎座(有形文化財)、ニコライ堂(重要文化財)の修復設計、それに終戦後アメリカ極東空軍司令部として使用され有名である明治生命館(重要文化財)などがある。

金融資料館付近の地図

住 所: 北海道小樽市色内1丁目1−11−16
観光地の小樽運河から日銀通りを100メートルほど登れば北のウォール街と呼ばれた金融街の交差点。更に100メートルほど登れば金融資料館である。

小樽と銀行建築について

日本銀行の支店は一般銀行のように数多く作られるわけでなく、銀行が多く集まる場所に重点的に設立されている。
小樽は江戸時代の末期から明治にかけてニシン漁が盛んであった。明治時代になると幌内地方で石炭が見つかり、小樽はその積出し港として、また、北海道の道都が札幌に定められたのに伴い、海の玄関口として小樽が益々重要た都市となっていった。これに伴い多くの銀行が支店をだし、北のウォール街と言われるほどになった。このような状況のため、必然的に日銀の支店も小樽に設置された。
明治39年に日本銀行小樽支店が開設されてから、昭和17年に札幌支店が開設されるまでの36年間は日銀の支店は小樽のみであった。それだけ、小樽が重要な都市であったことが分かる。
戦後、小樽が栄えた経済的な条件が失われると銀行業務も少なくなり、現在は都市銀行の支店はすべて撤退し、何も残っていない。しかし、銀行の重厚な建物は他の用途に活用され残っている。
現在の小樽はこのようなレトロな建物が多く残っており、観光都市として栄えている。銀行だった建物で趣きのあるものを少し紹介する。銀行建築の展示場のようである。採り上げた建物はすべて小樽市指定歴史的建造物に指定されている。

旧百十三銀行小樽支店(現小樽浪漫館)

これは銀行と思えないようなユニークな建物である。当時はまだ銀行建築の様式が決まっていなかったようだ。
所在地:小樽市堺町1番25号
建築年:明治41年
設 計:池田増治郎
構 造:木骨石造2階建。寄棟、瓦屋根で、角地に玄関を設け、上部にギリシャ建築を思わせる飾り。
外壁は当初石張りとなっていたが、その後、煉瓦タイルに変更されている。

旧百十三銀行小樽支店
旧百十三銀行小樽支店

北海道銀行本店(小樽バイン/北海道中央バス(株)本社ビル)

日銀小樽支店を設計した長野宇平治の作品。単独で紹介しても良いような趣きのある建物である。これも銀行と思えないような建物である。
住 所:小樽市色内1丁目8番6号
建築年:明治45年
設 計:長野宇平治
施 工:加藤忠五郎
構 造:石造2階建。重厚な銀行建築。玄関や窓まわりの石組みデザインに特徴。

旧北海道銀行本店
旧北海道銀行本店

三井銀行小樽支店

かなり我々が銀行だと思っている建物に近くなってきている。まだ、まだ多少雰囲気が異なる。
住 所:北海道小樽市色内1-3-10
建設年:昭和2年
設 計:曾禰中條建築事務所
構 造:鉄筋鉄骨コンクリート造り。正面に5連のアーチとファサード。

旧三井銀行小樽支店
旧三井銀行小樽支店

安田銀行小樽支店(花ごころ)

この建物になると雰囲気の類似した銀行の支店が全国に多くありそうである。
住 所:小樽市色内2丁目11番1号
建築年:昭和5年
構 造:鉄筋コンクリート造2階建。ギリシャの建築様式をもった昭和初期の典型的な銀行建築。重量感あふれる円柱が特徴。

旧安田銀行小樽支店
旧安田銀行小樽支店