岩崎邸洋館東面

岩崎家茅町本邸(岩崎庭園) – 三菱財閥総帥の豪邸

上野の不忍池近くの岩崎家茅町本邸(岩崎庭園)は三菱財閥を築いた岩崎家の三代目総師岩崎 久弥が建設した建物である。設計したのは日本近代建築に大きな影響を与えたジョサイア・コンドル。戦後、財閥は解体され現在は岩崎庭園として一般に広く公開されている。洋館と撞球室は重要文化財に指定されている。

岩崎家茅町本邸の洋館について

三菱財閥は明治時代になってから土佐藩の下級武士(地下浪人)であった岩崎 弥太郎が海運事業(日本郵船)を手始めに事業を始め、急激に成長していった企業グループである。その後も、政府との結びつきを強め成長していった。太平洋戦争の敗戦で、財閥は解体され、岩崎家も株式を始め多くの資産が没収された。現在は財閥としての機能は失われたが三菱グループとして結束している。

岩崎家の茅町本邸の洋館は岩崎家の三代目総師岩崎 久弥が建設した建物で明治29年に完成している。設計したのは政府のお雇い外国人の建築家であったジョサイア・コンドル。

岩崎庭園洋館正面
岩崎庭園洋館正面

建物は木造2階建、屋根はスレート葺き、外壁は下見板張りである。北側の正面玄関は平面四角形の塔屋となっている。南面の1階はトスカナ式、2階はイオニア式の特徴を持った列柱が並ぶコロニアル様式のベランダである。
この建物は全体的に装飾性が強く、豪華に見える。建物も年1回の岩崎家の集まりや外国人、賓客を招いてのパーティーなど特別な催しの時に使用されたようである。

岩崎邸洋館南面
岩崎邸洋館南面

現在は所有者が国に移り、管理は東京で行われ岩崎庭園として一般に公開されている。名称は庭園となっているが、見処はこの洋館の建物である。その他に和室や撞球室もある。
岩崎家が所有していた建物はこの茅町本邸(岩崎庭園)以外にも、国分寺の別邸(殿ヶ谷戸庭園)、岩崎家駒込別邸(六義園)、岩崎家深川別邸(清澄庭園)、岩崎家鳥居坂別邸(国際文化会館)、岩崎家高輪本邸(開東閣:三菱グループのクラブ)などその資産額に驚くが、これも財閥解体時にすべて手放している。

岩崎庭園付近の地図

住 所: 東京都台東区池之端1丁目3−45
上野の不忍池近くであるが、メイン通りから少し入った所にあるので分かり難い。案内板があるので、近くまで行けば問題ないだろう。

撞球室

庭の隅にスイス の山小屋風の造りとなっている建物がある。これは撞球室(ビリヤード場)で、洋館から地下道で結ばれている。設計したのはこれもジョサイア・コンドルである。重要文化財に指定されている。

岩崎邸ビリヤード場
岩崎邸ビリヤード場

和 室

洋館の横に書院造りを基調とした和室が建設されている。昔は洋館をしのぐ広さであったが、現在は大広間だけが残されている。見学したときは洋館から入室し、和館から退室した。

岩崎邸和室
岩崎邸和室

ジョサイア・コンドル

設計者のジョサイア・コンドルはイギリスのロンドン出身の建築家である。工部大学校(現・東京大学工学部建築学科)の教授として教鞭をとり、辰野金吾、曾禰達蔵、片山東熊、佐立七次郎など創成期の日本人建築家の多くに影響を与えた。また、日本文化に陶酔し、奇怪な絵を描く河鍋暁斎に師事して日本画も学んでいる。日本女性を妻とし、終生日本で暮らした。