司法省概観

司法省本館 (現法務省赤れんが棟)ー歴史的な明治官庁建物

現代建築が立ち並ぶ霞ヶ関を歩いていて、ドイツ・ネオバロック様式の外観を持っこの司法省本館 (法務省赤れんが棟)は、目を惹きつける存在である。
政治の中枢にある官庁街の建物だけあってとてつもなく大きく、威厳が伝わってくる。この点が他の近代建築と異なる点であろう。現在の建物は震災で建設当時のものでないが、都市景観上優れていることや歴史的にも貴重な建物であることから建物の外壁は重要文化財に指定されている。

司法省本館 の建設について

明治政府は西欧諸国との不平等条約改正と国会の開設を控え、日比谷公園周辺に中央官庁を集中して建設することを構想した。内閣に臨時建設局を置き、ドイツ人建築家ヘルマン・エンデとヴィルヘルム・ベックマンを招聘し、三権分立の基本となる議事堂、裁判所、司法省の設計を委嘱した。
司法省本館は河合浩蔵が実施設計・工事監理を担当して、本格的なドイツ・ネオバロック様式の外観を持った煉瓦造、地上3階建ての建物が明治28年に完成している。玄関側は日本煉瓦製の煉瓦、裏側は小菅集治監の煉瓦が使用されている。
明治29年には大審院(東京裁判所)は建設されたが、議事堂は政治の波にのまれ頓挫してしまった。現在の国会議事堂が建設されたのは昭和11年になってからのことである。

法務省赤れんが棟 の地図

住 所:東京都千代田区霞が関1-1-1
現在は法務総合研究所及び法務図書館として利用されている。法務史料展示室は一般に公開されている。

司法省本館 の焼失と再建

法務省本館の正面
法務省本館の正面

大正12年の関東大震災では煉瓦壁が鉄材で補強されていたため、ほとんど被害を受けなかったが、昭和20年の東京大空襲では煉瓦壁を残して殆ど焼失してしまった。
昭和25年に一度復元されたが、外観が建設当時と大きく異なったため、平成6年に外観を建設当時のものに戻すため再度再建工事が行われている。
再建にあたっては当時の資料と設計者の他の作品も参考にして外観が決定されている。また、材料はコストと耐久性も考慮して、現在の技術も取り入れ再建されている。
現在の建物の外観は屋根と尖塔部は、天然スレートの模様葺きと一部青銅板葺き。北・東のバルコニーの柱は、本物の石で復原。外壁上部の蛇腹と壁は、PC擬石及び創建時と同じ工場で焼いた煉瓦で復原。建具外部の屋根飾りは、耐久性を考慮してアルミ製となっている。
都市の景観上、貴重で歴史的価値が高いため、この建物の外壁は平成6年に重要文化財の指定を受けている。